福徳銀行5億円強奪事件

福徳銀行5億円強奪事件について

a1

皆さんは、福徳銀行5億円強奪事件について知っていますか?若い子は、知らないという人が多いかもしれませんが、年配の方なら知っている人がいるかもしれません。

この福徳銀行5億円強奪事件は1994年に発生した現金強奪事件で、金融機関における1回の現金強奪の金額として、5億円は最大金額だったそうです。 そしてこの福徳銀行5億円強奪事件は、史上最大の銀行強盗事件とも言われているのです。

この事件は、1994年の8月5日の午前9時20分頃に、神戸市中央区三宮町にある福徳銀行の神戸支店の車庫にて起こった事件です。 行員3人で現金輸送車から現金が入った3個のジュラルミンケースを下ろそうとしていた所に、2人組の男が近づいてきて、行員に拳銃のようなものを向けて来たそうです。そしてライトバンに行員を押し込んだ隙をみて3個のジュラルミンケースに入った現金の約5億4100万円を強奪しました。犯人は自分たちが乗ってきた車に乗り、猛スピードで逃走したそうです。

その後の調査で3人の行員によると、2人組の犯人のうちの短銃を持っていた方の1人は、年齢が40歳くらいで、身長170㎝くらいで、グレーの作業服にサングラスをしていた男だということがわかりました。そして犯人のもう1人は、年齢が50歳くらいで、身長172㎝くらいで、ベージュの作業服を着ていて、顔には包帯のような物を巻いていたミイラのような男だと証言されていたようです。包帯のようなものをしていた男の方は、他に顔を隠すものがなかったのでしょうか?

そして現金強奪に使われていた車は、事件現場から600m離れた路上に乗り捨てられていたそうで、その車は盗難車だったということも判明しました。

1999年10月に、換金をしたお札が奪われたお札の記番号を一致したこと、元会社員が知人に犯人を打ちあけたことで、犯人を元暴力団員と元会社員を犯人として多くの捜査員によって捜査が進められていたそうです。 この後11月に捜査当局は、犯人を知人に打ち明けた元会社員に事情聴取しましたが、その直後に元会社員は、自殺してしまったそうです。

もう1人の犯人の元暴力団員は、事件を起こした後で海外渡航を繰り返していたので、刑事訴訟法の255条1項によって公訴時効が8ヶ月延長されましたが、2002年4月1日に公訴時効が成立してしまい、時効までに犯人を捕まえることが出来なかったそうです。

福徳銀行5億円強奪事件が時効を迎えてから5年後には、元暴力団員が2007年2月9日の午後9時20分頃に愛知信用金庫西大須支店で現金強奪事件を起こしました。 この時に襲われた行員が犯人を取り押さえて、そこに駆け付けた警察によって、犯人は逮捕されたそうです。 ですが、福徳銀行5億円強奪事件については、公訴時効が成立してしまっていたので、起訴は出来ませんでした。そして次に起こした、愛知信用金庫強盗事件では、名古屋地裁は、元暴力団員に懲役8年を言い渡したそうです。 そして福徳銀行5億円強奪事件については、この時触れられることはなかったそうです。

そして自殺した方の犯人は、グリコ・森永事件の犯人の1人ではないかとされています。 すでに犯人が自殺してしまったので、確実ではないようですが、犯人であることが有力だそうです。 ちなみにグリコ・森永事件とは、食品会社で行われた一連の脅迫事件のことで、この事件の犯行にかかわった人や捜査にかかわった人は、自殺するなど、事件の見方は、推測の域に出ていないようです。

このような事件をしりあなたは、どう思いますか? 他にも、色々な強盗事件が起こっていると思います。また色々な方法で行われており、殺人が起こっている事件や人質にとるやり方もあると思います。

誰でもわかることですが、事件を起こすことは良くないことです。 最近は、銀行強盗事件のニュースを見ることはないですが、コンビニなどのお店で強盗事件を起こすという事件が多くなったと思います。コンビニなどのお店だから強盗していいわけだはありませんし、絶対になってはいけないことです。

そしてほとんどの人が捕まっています。そのようのことで一生をダメにするくらいなら、しっかり生活していた方がいいに決まってします。

またこの記事でもわかったと思いますが、1回事件を起こすような人は、また同じような事件を起こすということです。

何回もしているような人は、捕まって刑期を終えて出てきてもまた同じことを繰り返してしまう人もいると思います。 それで懲役8年は、短いのではないかと思いました。何回も繰り返していなくても、1回でも悪いことですが、何回も繰り返すことは、持って良くないことです。

なので、そこをしっかり考えて、懲役を決めた方が良いのではないかと思いました。

また時効がどれくらいというのが決められていますが、事件を起こしたのだから、時効関係なくしっかり罪を償ってほしいと思いました。 これは、個人的な意見ですが、自分が悪いことをしたのだからしっかり罪を償って当たり前だと思いました。

↑ PAGE TOP