銀行強盗 事件 特徴

銀行強盗事件の特徴

a1

銀行強盗は、全国各地で起きています。そして、お金を強奪するだけの人もいれば、人質をとり、殺害をしたりする人もいます。 銀行強盗自体が良くないことですが、それに加えて人質を殺害をする人は、もっと良くないと思いました。

強盗は自分の都合でしていることですが、人を持着こんでいるのも事実だと思います。検挙率が高いようなので、犯人がしっかり捕まることが多いですが、捕まっていない事件もあります。

お金を盗むことは決して良いことではありません。ですが、人質に取られた人は、まったく関係なく、何も悪いことをしていません。そのような一般人を人質に取り、怖がらせて、時には、悪いことをしていないのに、犯人の身勝手さで殺害されるなんて、可哀相だとは思いませんか?その人が犯人に何をしたのでしょうか? この身勝手さには、すごく怒りを覚えました。

殺害された人にも家族がいるはずです。亡くなった人家族は、何も悪いことをしていないのに大切な家族を身勝手な犯人に殺害されたのです。

犯人の身勝手な行動で、何人もの人に迷惑がかかっているのをわかっていないのでしょうか?

過去の事件で気になるものがあったのでいくつか簡単に紹介します。 まずは、若い人であれば誰でも使っているFacebookがきっかけで犯人が逮捕された銀行強盗事件です。

これはアメリカにあるオハイオ銀行に強盗に入った男の話です。この事件は、発生してからこの男はすぐに捕まりました。それは何故かと言うと、犯人の男が自分のFacebookに写真と一緒に「銀行強盗してきた、札束すごいだろ」というような記事を投稿したことがきっかけで、これを見た人が警察に通報して、すぐに逮捕されたようです。

またその男は顔にタトゥーをいれていたのでとても特徴的だと思います。 お金を手にしたことに浮かれてしまったのか、自慢したくて載せてしまったのでしょう。

ですが、Facebookは多くに人が利用しているので、色々な人が見ているものです。そんなところに載せたら捕まるのは当たり前だと思います。

浮かれすぎて、あとのことを考えていなかったのかもしれませんね。すごく間抜けな犯人でした。

このような間抜けな人もいるのだなと思いました。普通だったら誰にも気づかれないように慎重にしているのではないでしょうか。

他にも、女性が1人で銀行強盗を起こすなど、異例な強盗事件もありました。 女性1人という事件はなかなかないと思います。 多くは、男1人とは、複数犯だと思います。そして複数犯の中に女性が1人とかはありますが、女性1人というのは、異例だと思います。

また三菱銀行人質事件では、犯人が自分を守るために、女性行員を全裸にして、バリケード代わりにしたといような事件も起こりました。 これは同じ女性としては、すごく不快に思う記事でした。女性を全裸にして自分を守るということはとても最低なことです。自分を守るだけなら、女性を全裸にさせる必要はないと思いませんか? そして脱ぐ順番も指示していたようなので、すごく気持ち悪いですよね。 この犯人は、射殺されて事件は終わりましたが、すごく悲惨な事件でした。

何も罪のない人を平気で殺害できる人の気持ちは決してわかりませんし、わかりたくもありません。 自分がどれだけ、酷いことをしているのか、まったくわかっていないのだと思います。 そしてこのような事件を起こす人は、何回も事件を起こしている人がとても多いです。

1回でも良くないのに、繰り返ししている人がいることにもビックリしました。 また同じことを繰り返して、人を気付けるような人には、きちんと罰を受ける必要があると思います。

そして時効というものがありますが、この時効が過ぎてしまうと犯人を捕まえることも裁くことも出来ません。悪いことをしているのに、どうして捕まえることが出来ないのでしょう・・・ 時効をどうにかすることは出来ないのかなと思いました。どうして罪を犯して、人を傷つけた人が裁かれないのかと思うとすごく嫌な気分ですし、亡くなった方の家族はもっとそう思っている人が多いと思います。

事件を起こしたのだから裁かれて当たり前ですし、罪を償うのが当たり前ではないでしょうか。

家族を亡くされた方に時効は関係ないと思います。 もっとしっかりこのようなことがしてくれたらなと思いました。

事件を起こした人に、時効は必要ないと思います。時効になってまた同じことを繰り返している人もきっといると思います。それなのにこのままにしていていいのかと疑問に思いました。

きっと事件を起こした人は、同じことを繰り返してしまうのでしょう。また人を傷つけに用にも時効をどうにかして、しっかり罪を償ってほしいと思いました。

銀行強盗事件は最近ではありませんが、コンビニなどのお店で強盗事件が増えています。 いつ自分の身近でこのような事件が起こるかわかりませんし、銀行強盗事件は絶対ないことだとは言いきれません。

もしかしたら自分の身近で起こってしまうことがあるかもしれないことを、少しでも良いので頭に入れておくといいかもしれません。

↑ PAGE TOP