銀行強盗

実際に起こった、悪質銀行強盗の話。

a1

まず始めに銀行強盗とは、強盗犯罪の一種です。名前の通り、銀行などの金融機関を対象とした犯罪行為です。昔は銀行破りと言われていたそうです。

金融機関なので、多額の現金が保管されています。なので大量の現金奪取を求めて、金融機関を狙い犯行が行われるようです。

ですが、金融機関には防犯ビデオや防犯シャッターの他にも、強盗犯の撃退用に武器が用意されていますし、色々な装備がされているのです。また職員全員で対策訓練をしている所が多いようです。そのために検挙率が高いようです。

いつ何が起こるかわかりませんから、対策訓練をしていることはすごく大切なことだと思いました。しっかり訓練をしていれば、いざという時に訓練していたことが役に立つと思いました。

また福岡県の久留米市の筑邦銀行東合川支店で起きた強盗事件では、犯人に「お金を詰めろと」言われた女性行員が大きな声で「私はお客様を守る義務があります。お金は入れられません」と両手を広げて女性客を守ったという話がありました。

銃を向けられているのだから、きっと自分も怖かったと思います。ですが、その女性行員はお客様を第一位に考えて行動していたのですごいことだと思います。もしそう教えられていたとしてもいざとなったら怖くて、こんなことなかなか出来ないと思います。もしかしたらその行動をしたことで自分が撃たれる可能性もある中で、これよりお客様が大事だと思えることが素晴らしいことだと思いませんか? 女性行員がその行動をしたことで、犯人は逃げていったそうです。 たぶんですが、犯人は銃で脅せば、女性行員は怖がってお金を入れると思っていたのでしょうが、逆に大声で反論されるとは思わなかったと思いますし、その行動に戸惑ったのだと思います。自分の危険を考えず、お客様を守ってくれるような女性行員がいることにすごく感動しました。

日本で初めて銀行強盗が行われたのは、1932年に日本共産党が東京市の大森区にあった川崎第百銀行の大森支店で起きたそうです。(現在の大田区だそうです。) この事件を「赤色ギャング事件」と言います。 この名前が付けられたのは、当時のアメリカの映画に登場するギャングそのままの犯罪だったようで、そのためギャング事件と呼ばれることになったそうです。

覆面の男3人組が拳銃を持って、銀行の裏口から押し入ったようです。そして床に発砲した犯人グループは、銀行にいた行員達を応接室の前に並ばせて、その間に現金を奪って裏口から逃げて、あらかじめ用意しておいた車で逃走したようです。

そして女性が1人で銀行強盗を行ったのが、1979年4月19日に栃木県小山市の茨城相互銀行の小山支店で行われたそうです。 女性1人で銀行強盗を行うという話と初めて知ったので、知った時はビックリしました。 男性と女性で銀行強盗をすることはあるかもしれませんが、女性1人というのはなかなかないと思います。

他にも、犯人が車いすで強盗事件を起こしたという事件もあったようです。車いすに乗っているならすぐに捕まると思われていましたが、捕まっていないようです。 きっと車いすはフェイクで、普通に歩ける人だったのではないかという話です。

強盗事件は、国内だけではなく海外でも起こっていますし、色々な方法で行われています。 またテレビ番組でも、強盗事件ものの番組も見たことがあると思います。 色々な殺人事件番組でもそうですし、子供が見る「コナン」でも強盗事件物が出てきたことがありました。

このように色々な番組でも、強盗事件が用いられています。 強盗事件は、めったにありませんが絶対にないことではありません。そしていつ自分たちの身近で起こる事かわかりません。

なので、こんなのあるわけないと思わないでください。現に日本でもいくつかのいくつかの銀行強盗事件が起きているのです。

現在は、銀行強盗はないもののコンビニ強盗やタクシー強盗などが増えたと思います。 銀行強盗よりは小さい事件だと思う人がいるかもしれませんが、事件に大きいも小さいもないと思います。

それより、人のお金を盗むということ自体が良くないことなのです。コンビニだからいいとかは決してありません。

人を脅し、お金を盗むという行為はとても最低な行動です。また自分の都合で人を気付付けることは絶対にやってはいけないことです。人を平気で傷つけたり、殺害したりする人は、逃げてもほとんどが捕まってしまいます。

お金がほしいと思っているのは、誰でも同じことだと思います。それなのに自分の都合で多くの人に迷惑をかける行為をすることは、間違っています。 親も絶対に悲しみますから、親を悲しませるようなことはしないようにしましょう。

強盗事件は日本では少なっていますが、まだ完全になくなったわけではありませんし、海外でも強盗事件はあると思います。 いつかなくなる日は、来るのでしょうか?もしかさたら完全にはなくならないのかもしれません。ですが、いつかは完全になくなってくれたらもっと全ての人が暮らしやすくなるのではないかなと思っています。クレジット審査の難易度ナビ※マネ子が漫画で解説!

↑ PAGE TOP